外国人観光客を誘致のために

地元の観光地を、世界各国の人々に向けてアピールしたいなら英語表記のガイドブックを作らなければいけません。残念ではありますが、日本語の世界的地位は全くダメです。世界の中で広く使われている言語は未だに英語一強であり、いわゆる世界共通の言語となっていますので、外国人観光客の誘致を試みる場合は、アルファベット表記のガイドブックが無ければ、地元の名所やグルメの良さが世界に伝わりません。アジア圏の外国人の方も一般教養として習っていますので、中国語や韓国語よりもそちらを優先した方が、ほぼ全ての国々の人々に思いを伝えられます。

ガイドブックの英語表記

東京オリンピックの開催が近付くにつれ、日本に観光に訪れる人の数は、これからますます増えて行くと言われています。現在でも既に外国人が多数訪れている中で、ガイドブックの英語表記は非常に大きな役割を担っています。日本語は独自性が極めて高く、日本に生まれ育った人や、きちんと勉強した人以外には理解するのが困難です。その為、基本的な内容から詳細に至るまで、英語に翻訳された内容がガイドブックには必須となります。公共交通機関の利用の仕方、観光に関する情報、気候や時節についてなどは、特に外国人が必要とする内容です。

観光ガイドブックの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 観光先で役立つ情報なら All rights reserved